ロレックス関連商品を探してみる – 1万円まで編 –

世の中には自分で高級時計をオーバーホールする人もいると聞いた。オサーンはビビッてしまって、裏蓋を開けることなんぞは全くできないし、ブレスレットの調整・交換なんかも当然のことながらしません。実は大昔、もう閉店してしまったがディスカウントストアの貴金属コーナーでアルバイトをしていたこともあり、時計のブレスレット調整や電池交換はやっていました。しかし安価な時計しか取扱いはしていなかったし、防水性能の高い時計もやっておりませんでした。ましてや、数十万~の時計なんて、怖くてムリです・・・

しかしセルフメンテナンスをする人にとって現在は便利な世の中で、探せば純正品が出てきます。今回はネットで見つけた純正品やノベルティ、セルフメンテナンス用品をご紹介したいと思います。


【ROLEX(ロレックス)】マキシン各種バラ売り
価格:2268円(税込、送料別) (2019/5/10時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マキシン(巻き芯)です。見てみると、在庫は多くなさそうですが、丁度いいのがあれば いいですね。


セルフメンテナンスをするには、オイスターケースを開ける必要があります。それを可能にしてくれる裏蓋オープナーです。各種サイズ対応していますね。しかしこの工具、安いですね。時計について勉強するには、いいのかも・・・といった感じですね。


ロレックス ROLEX(ロレックス)専用ブレス調整ドライバーセット
価格:4104円(税込、送料別) (2019/5/10時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「ブレスの調整を自分でできたらいいのになぁ・・・」 と思ったことは、何度となくあります。安価な時計のブレスレットなら、金具を当てて叩き落したり、ピンを押し出したりするのですが、ロレックスはネジ式になっております。マイナスドライバ―とは違い、専用工具です。


ロレックスを購入した時に、上顧客ならもらえたりするノベルティグッズの1つで、一番有名なモノではないでしょうか。アンカー付きチャームです。完全にコレクションアイテムですね。恐らくオサーンもいつかは買います。これ欲しいです。


純正のカードケースです。正規店でロレックスを購入すると、必ずついてくるギャランティカードを入れておけるケースです。しかし普段は見ることのないピンクのカードケースです。


こちらもノベルティグッズです。メモ帳カバーです。内ポケットからス~っとこれを出されたら、「オッ!」と思わず声を出してしまいそうです。


高級時計の内部まで素人が手を出すべきではないと思いますが、される場合は自己責任でお願いします。
あと、ノベルティと呼ばれる非売品のグッズですが、これもコレクターには人気の品で、モノによっては高値で取引されています。ロレックスは、何でもマニーに結びつきますね。