“カスタム時計紹介” ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.116508 « La Montoya » gold

via artisansdegeneve.com

凄い技術ですよね。デイトナのダイヤルをスケルトンにしてしまうとは…これはスイスの時計カスタム会社の”Artisan de Genève “が手掛けたカスタムです。モデルは、コロンビア人元F-1レーサーの”ファン=パブロ•モントーヤ“とのコラボということですが、実は彼、2007年1月にデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われたRolex24デイトナ24時間レースにおいて、スコット・プルーエットなどと共に出場し、初出場ながら優勝し、翌年も連覇した実績がある。そんな彼とデイトナとのコラボは、必然だったのかも知れませんね(ロレックス非公式ですが)。

via www.artisansdegeneve.com

しかしこのフェイス、何かに似ているなぁ?と考えていたら思い出しました。そう、この映画のロボットです。

トランスフォーマーオプティマスプライムですよ。絶対に意識していると思うんですけどね。そう思うのは、オサーンだけでしょうか?それはそうとして、タキメーターベゼルに注目です。実はこのベゼル、カーボンなんです。

via artisansdegeneve.com
via artisansdegeneve.com

いや実に手が込んでますね。カスタム時計のオサーン的イメージは、あまり良くありません。それは、「人の褌(ふんどし)で相撲を取る」ようなものだと思っていたからです。しかしこの”Artisans de Genève”の施すカスタムは、どれを取っていも超一流の技術でカスタムされており、それには完全に新しい命が吹き込まれています。ベースとなるロレックス各モデルのスタイルを時計メーカーではなかなかできないカスタムをしています。

via artisansdegeneve.com

ムーブメントの部品まで、作り替える技術があります。技術・デザインセンス共に最高級だと思いますが、皆さんはどう思いますか?

世界のお金持ちさん達の目にも、もちろん止まっているのでしょう。このカスタム時計の価格は、42,260ユーロらしいので、日本編では530万円近くです。元々の価格のことを考えると、決して高いとは思いません。製造数も42個限定ということでしたが、しっかりと売り切れてます。経済的に余裕があれば、買って自慢したいです・・・

BASE
Rolex 116508
DIAMETER
40mm
DIAL
Handmade skeleton angled dial with gold indexes
BEZEL
Tachymeter carbon forged bezel
CASE
Original Rolex Solid Gold
MOVEMENT
Modified skeleton Rolex 4130 movement, beveled by hand, with 21ct yellow gold rotor
MATERIALS
Solid Gold
WATER RESISTANCE
100m waterproof
POLISHING
Handmade Polishing
BACK
Transparent Sapphire back individually engraved