ダブルネーム特集 Part.1

ダブルネーム特集  Part.1

知っている人も多いかもしれませんが、時計ブランドでは他の会社とのコラボレーションしているモデルが存在しています。ロレックスで有名なのは、潜水調査会社の”COMEX(コメックス)”とダイヤルにプリントされたシードゥエラーなどがそうですね。
しかし、それらとは少し違う会社をみていきたいと思います。それは、宝飾系ブランドとのコラボレーションモデルです。ロレックスは時計ブランドとして人気ですが、宝飾ブランドで人気の”ティファニー”と手を組んだモデルが存在します。そしてこれはレアな個体として今までいくつか存在しています。そんな「人気×人気」の個体、しかも手が届かなさそうなモデルを今回は紹介したいと思います。


Patek Philippe S/S Annual Calendar Tiffany Dial Nautilus 5726A-001

人気のパテック・フィリップのノーチラスがティファニーと合体してます。こういった商品は、とんでもなくプレミアがつきます。重要なのは、ティファニーとのコラボを「証明する書類」です。実はネーミングをプリントするのは、ちょっとした技術さえあればできるので証拠となる書類は重要視されます。

Patek Philippe S/S Tiffany Dial Aquanaut  5167A

これまたパテック・フィリップでは人気のアクアノートです。これがティファニーとコラボしています。実はこれ、現行モデルということで販売しています・・・が、もちろん手に入れることは困難を極めております。とりわけ日本国内からは、正規で購入することは不可能となっています。日本国内からティファニーのHPへ行っても見つけることができませんが、アメリカなどからはティファニーのHPで確認することができます。

Rolex Cosmograph Daytona Tiffany Ref.6241

普通でも手のなかなか届かないヴィンテージロレックスの大御所”デイトナ”であるが、そんなデイトナにもなんと”ティファニー”が存在している。もうそうなれば恐ろしいことになりますね。1000万円クラスのレアアイテムに、ティファニー上乗せですよ。特上うな重に伊勢海老のえび天トッピングするようなもんですよ。貧乏が想像する上乗せ表現がこれぐらいになってしまうのは、ご了承願いたい。しかしそれにしても、これは豪華絢爛ですね。ダイヤモンドやゴールドなんて必要ないですよ。これだけで十分、眩しいです。

いや、デイトナだけではなくパテック・フィリップの2モデルも十分にレアであり、価格の上昇必至といった感じですよね。今回は、手に入れるどころか、実物を死ぬまでに見れるかどうかというモデルを紹介しました。また次回、心の余裕ができれば紹介いたします。