時計情報局

1/16ページ
時計の情報などなど

忘れ去られた”名”時計ブランドを考察する 前編

時計ブランド(メーカー)と言って、真っ先に頭に思い浮かぶブランドとは?ロレックスやオメガという人が多いかも知れませんが、高級機械式時計が好きな人なら、パテック・フィリップやオーデマ・ピゲなど貴族のブランドと言われる雲上ブランドなども頭に浮かぶと思います。 これらのブランドの売りは、歴史であったりその卓越した職人の技術が時計に込められているということでしょう。数百万円もする時計を作り、その時計を買い […]

ラバーベルト比較 夏はラバーをパイルダーオン!

「パイルダー オン!」え、古い?ま、知らない人は気にしない。「マジンガーZ パイルダーオン」でググってください。 ステンレスを始めメタル系ブレスレットは、暑い時期には少しヒンヤリして良いものです。逆に寒い冬には、キンキンに冷えているときもあり、革ベルトが良かったりします。しかしここ数年、オールシーズンに活躍できる上質のラバーストラップを開発する会社がいくつか出てきました。そんな中でも、二大メーカー […]

英国の英雄 フランク・ランパードの腕時計

サッカーを観ている人なら知っている人も多いかと思いますが、このなかなかイケメンの彼の名は”フランク・ランパード“といい、イングランド代表で活躍、国内のクラブチーム”チェルシー“では2001年〜2014年まで所属し、クラブの顔となっておりました。今ではその”チェルシー“の監督として活躍しています。 そんな彼ですが、様々な時計を着 […]

PATEK PHILIPPE Nautilus Ref.5726 カスタム for ヴァージル・アブロー

Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)って方、ご存知ですか?ファッション好きの方には有名です。Louis VuittonやOff-Whiteのデザイナーとして活躍している方なんです。 元々はミュージシャンのカニエ・ウエストと古くから親交があり、カニエ・ウエストの片腕として働いておりました。Jay-Zなどとも仕事をするようになり、瞬く間にトップデザイナーに上り詰めました。ルイ・ヴィトン初の […]

新しいブルーとなれるか⁉ グリーンの魅力を考察する

2019年も下半期に入り、世界では株価・為替ともに大幅下落が続いています。特にアメリカのトランプ大統領の過激で攻撃的な発言で、相場は乱高下してますね。トランプ劇場はまだまだ続くのでしょうか。もうFXはコリゴリのオサーンです。 さて、ここ数年の時計業界の動きを見ていると、かなり高級時計市場が盛り上がり、価格が右肩上がりだったのですが、徐々に落ち着きを取り戻す形となっています。オサーンも安心しています […]

ロレックスのブレスレット・ベルトを考察する

ロレックスの新作モデルが登場すると、そのモデルの見た目の変化を注目しますよね。どのようなカラーを新たに使ったのか、はたまたどんな素材を使ったのか。重要視する部分は人それぞれですが、ここ最近、かなり注目を集めだしている箇所があります。それは顔ではなくベルト部分、そうです、ブレスレットです。 ヨットマスターに採用されたラバーベルトは今やデイトナにも、ちょっとリッチなジェントルマンの雰囲気のある5連ジュ […]

ロレックス 憧れのダブルネーム の起源と種類 後編 その2

なかなか目にする機会のないロレックスのダブルネームがプリントされたモデルですが、実際にはたくさん作られていたことがわかってきました。しかし実際にはほとんどが戦前~戦後まもない時期に集中しているため、現存している個体が極端に少ないというのがあります。その時代のモデル自体が少ないのに、ダブルネームとなるとさらに少なくなるのは仕方がないですね。ということで、見つけたらお宝なのではないでしょうか。 そんな […]

ロレックス 憧れのダブルネーム の起源と種類 後編 その1

ダブルネームがこれほどまでに希少で高騰するとは、当時予想していたでしょうか?恐らく答えは”NO“でしょう。そう考えると、何が評価されて何が衰退するかというのは、考えても無駄なのかもしれません。自分の気に入ったモノを買うのが、結局は心が満たされるのでしょうね。 さて、ダブルネームの起源については前半でお話した通りなのですが、1920年~1940年辺りには様々な、数多くの種類が […]

最後の一本、仕上げの時計(に相応しいモデル)を考察する

くら寿司に行くと、隣の席の子供にそっとお皿を渡すオサーンです。隣の「びっくらポン」の回転数がパネェっす。 よくロレックスをはじめとする、高級時計のブログに「はじめてのロレックス」や「初心者の為のロレックス」的なところをよく見かけます。オサーンも色々と拝見して勉強させていただいております。そこではほとんど”エクスプローラーI“や”サブマリーナ“、 […]

バーゼルワールド2020 の予想はじめました サブマリーナ編

最近はチャーハンを作ることにハマっており、「ああでもない」「こうでもない」と試行錯誤をして美味しさを追求しております。明日からは田植えに入ります。なかなか出来上がりません! さて、出番が夏になると多くなるサブマリーナですが、サブマリーナの300m防水、よく考えるとオサーンは3mすら潜ることがないことに気付きました。高級時計のスポーツモデルはスペックが高すぎて、性能に関してマヒしています。性能だけで […]

1 16