レアクエ

1/2ページ
「人スポ」の続編である

レアモンクエスト DAY10 -オラ東京さ行ぐだ編- Part.2

漢字検定に向けて勉強している息子ちゃんが、「所謂って『しょせん』違うの?」と。これは「いわゆる」と読む。「そんなことでは受からんよ、漢字検定」などと言ったが、「『漸く』は?」って聞かれた・・・「しばらく」じゃねぇの?こっそりスマホで調べる。え? 「漸く=ようやく」 そりゃないよ!「漸く」の “しばらく感”、パねぇーぢゃん! もっと勉強しとかないとダメですね、特に漢字は。 & […]

レアモンクエスト DAY10 -オラ東京さ行ぐだ編- Part.1

先日、電車で隣に座っていた、いい匂いのキャリアウーマン風女性がスマホでラインをしていたんですが、かなりの美人でちょっと目が釘付けに。スマホの画面がチラッと見えたので途中まで打っている文が読めた。 「隣のオッサン、くせぇ」(”うぜぇ”だったかも) 思わず声に出して、「すいません」と言ったオサーンです。年取ると、加齢臭が出るみたいです、はい。   さて、前回のレアクエ […]

レアモンクエスト  -旅の準備編-

子供が「テニスをしたい」というので、テニススクールの体験レッスンへ行きました。実は昔、少しではあるが私もテニスをしていたことがある。元々、私は少年野球をしていたせいなのか、テニスを始めたころは相手コートにリターンが入らず、野球では打てないホームランをテニスでは連発した。その頃、伊達公子が台頭してきた日本テニス界で、彼女はいつしか「ライジング・キミコ」などというニックネームを持ち、海外から一目置かれ […]

レアモンクエスト DAY9

有給休暇の取得理由に、「ドラクエのレベル上げの為」と記載したことのあるオサーンです。労働者の権利なのだから、理由云々で取得できないことはない(その後の対応は自己責任ですが)。 今日はその有給休暇を有効利用すべくパトロールへ出かけました。久しぶりの好天。最近は太陽を見ることがあまりなかったので、大変ありがたいことです。そして今日はウチの子の誕生日でもあります。プレゼントは既に渡してあるのですが、イチ […]

レアモンクエスト I Love Kyoto 編

先日、女性職員から何故かタピオカミルクティーをもらったので机の端っこに置いていたら、20代の男性職員が「ヤバイッス・・・腹が痛くて毎回トイレでタピオカ状のが出るんです。」って、飲む気を失せること言われて未だにタピれてないオサーンです。「タピオカ状」という表現は、私の机のタピオカミルクティーを無意識のうちに目にし、そのサブリミナル効果なのでしょうか。ちょっと気になります。腹痛なんて、どうでもいいです […]

レアモンクエスト スピンオフ

一度サボるとなかなかブログの進み具合がストップしているナマケモノ代表、オサーンです。いや、ご紹介したい時計や書きたいことはたくさんあるのですが、コロナの影響なのか仕事が大変忙しくなっています・・・と仕事のせいにしておけば、言い訳になると思っています。 さてさて、今回は久しぶりに街に出るチャンスがありまして、大阪は淀屋橋にやってきました。 天気が悪いんですが、それ以上に蒸し暑い。そんな中、今日は & […]

レアモンクエスト DAY8

ステイホームということで家にいるとき、電気の検針に来たパートらしきママーンに「原発マネーの闇」を訴え、利用者代表として苦情をぶちまけたが、全て言い終わった時にガスの検針だったとわかって引くに引けなくなったオサーンです。ちなみにウチは田舎なのでプロパンですが、良い業者さんで安くしてくれています。これからもヨロシクです。 思えば、ロレックスを始めとした正規時計店をパトロールするのが4月初旬以来というこ […]

レアモンクエスト DAY7

最近、テレビや子供の歴史の教材で古代エジプトのピラミッドやミイラをを見て、他人とは思えなくなってきたオサーンです。 朝の4時に起きて職場に向かう日々を送っていますが、早朝からドラッグストアの前ではマスクを買おうと長蛇の列をなしている人達。それを見て複雑な心境になります。「マスクを買うためなら、コロナにかかってもいい!」という意気込みでしょうか。冗談じゃなくて、本当にこんな時間から並ぶことで体調崩さ […]

レアモンクエスト DAY6

新型コロナウイルスの影響で学校が休校となり息子の友達が毎日遊びに来ています。一応勉強もしているようで、先日は歴史の勉強をしていました。 友達:「徳川家康の息子が秀忠で3代目が・・・徳川出光?何やった?」 息子:「それはガソリン臭いな。ほな4代目は徳川エネオス、エッソか。」 友達:「ふ~ん。」 とシュールな会話をしているのを横で聞いていたオサーンです。 車に乗っていると、色々なものを発見しますね。 […]

レアモンクエスト DAY5

これは昭和に土木作業員の息子として、大阪市城東区蒲生(がもう)四丁目で生まれた男の物語。   2020年2月某日 これほど煽られたことはない。いや、車の運転のことではない。私の話だ、時計のことに決まっている。 好みのブランドやデザインは勿論あるが、私は「時計」というモノ全般好きである。 しかし私がその昔から憧れていたモデルを購入された方のツイート、これは「あおり運転」どころではない。後か […]

テキストのコピーはできません。