ロレックス

1/31ページ

ロレックス スペシャルオーダーモデルを考察する 中東編1

寝ても覚めてもロレックス。そんなロレックス病患者には、どんどん情報を送り込む必要があります。そして今まで知らなかったモデルなどを見て、「あぁ、現行モデルは頑張れば買えるのね♪」と気を落ち着かせることができます。 今回紹介するモデルは、オイルマネー全開でスペシャルオーダーで作られたと言われるモデル達です。なかには有名なモデルもありますが、基本的には市場に出回るはずのないモデル達が多くあります。なので […]

ロレックス 記念モデルを考察する

ロレックスとオメガはよく対比されるブランドだが、決定的な違いは何かと聞かれると、私は「限定モデルを作るか作らないか」と答える。それぐらいオメガは “〇〇限定” というモデルを頻発する。それはそれでいい。否定はしないし、欲しいモデルも数多い。 対してロレックスは、ほとんどと言っていいほど、作らない。数年間定番モデルを作り続けてマイナーチェンジなどをする。でも限定生産ではないに […]

ROLEX Day Date Ref.118348ZEA 50th Anniversary Limited Edition

オススメ度★★★★☆ 実用時計として最高峰のブランドはロレックスだと思ってます。ドレスウォッチなら、雲上ブランドをはじめ、ロレックスを凌ぐ人気やデザインのモデルは数多くあるかもしれません。 が、しかしです。ロレックスがこれまで数々のプレミア価格を過去に叩き出したモデルが全て、実用的なプロフェッショナルモデルというわけではありません。 その境目となるのはやはり、”something di […]

歴代デイトジャスト Top10 ダイヤル by オサーン

ごく普通の人で、ある一定の年齢層から” ロレックスのイメージ” と言えば、「デイトジャスト」が頭に浮かぶ(はずである)。サブマリーナやGMTマスターIIなどが出てくる人は、ロレックスに精通している人です。普通の人なら、デイトジャストが多いはず。 なぜ私がそう言うかというと、手巻きデイトナが流通していた1970年代〜1980年代辺りでは、デイトナは不人気モデルだったそうだ。人 […]

ロレックスのブレスレットをめっちゃ掘り下げて考察する

以前にも「ロレックスのブレスレット・ベルトを考察する」ということで見ていきましたが、今回はもっと掘り下げてみたいと思います。かなりグレーな部分があるかも知れませんが、ご了承くださいませ。   ロレックスは、そのモデルに名前があのと同様に、ブレスレットにもご存知の方も多いのですが名前があります。 例えば、オイスターブレスレットやジュビリーブレスレットなど。 ではそのブレスレット、「昔から同 […]

革ベルト仕様のデイトナを考察する

朝晩の冷え込みが出てきた2019年後半ですが、この時期になると「革ベルト」が着けやすい。最近は、肌に当たる内側が”ラバー“、見える外側が”革“というハイブリッドストラップと言うのもあり、汗をかいてもそれほど心配することがないようです。 「時計好き」の中には「ロレックス好き」が多く、「ロレックス好き」の中には「デイトナ好き」がかなり多いはず。三段論法を […]

彼女、奥様をロレ女に! 女性に良さげなメンズロレックスを考察する

先日ツイッターにて、「ロレックス愛用する女子はいないのか?」とふと呟いたんですが、真意はただ単に、メンズの機械式腕時計をする女子に興味があるからです。 今回は、「女子に着けてほしいメンズモデル」と題して自分の好みを世間に晒したいと思います。 オイスターパーペチュアル36mm Ref.116000 レッドグレープ 今やメンズ腕時計では小ぶりなサイズ感のある36mmですが、女子には大き過ぎないメンズな […]

ROLEX Yacht-Master II Ref.116681

オススメ度★★☆☆☆ 高級時計ブランドでは、たいへん珍しいヨット専用クロノグラフこと、「レガッタクロノグラフ」を搭載しているヨットマスターll。他にはパネライや、ルイ・ヴィトンなどが「レガッタクロノグラフ」を搭載したモデルを出してます。このレガッタクロノグラフというのは、ヨットレースの「スタートまでのカウントダウンを計測する機能」で、最大10分間のカウントダウンをセットすることができます。またシン […]

ヴィンテージロレックスのオススメクラシックモデルを見てみる

プロフェッショナルモデルが正規店で枯渇しているのか、はたまた外商のお得意様へ流れているのかはわかりませんが、なかなか購入するのにはハードルが高い状態が2019年後半も続いております。 そんな時、”旧モデル“というよりも”ヴィンテージモデル“に一度目をやってみてはいかがでしょうか。しかもプロフェッショナルモデルではなく、クラシックモデルです。前者のヴィ […]

空の住人 スカイドゥエラー を再考する

みなさん、ドゥエラーってますか? “SKY DWELLER“•”SEA DWELLER“と英語では表記されますが、ご存知のように”DWELL“とは 「(…に)住む,居住する,(…を)ゆっくり考える,思案する,(…を)詳しく書く,くどくど話す,延ばす」 という意味があり、”DWELLER“は「居住者」とな […]

1 31