国産時計

1/6ページ

GRAND SEIKO Heritage Collection Seiko 140th Anniversary Limited Edition Ref. SLGH007

高いよ、確かに値段は高いよ。でもね、デザイン超カッキーんじゃない?白樺といい、今回の木の年輪。素材がSSなら、かなり売れたんじゃないかと思うぐらい、お洒落なダイヤルです。 140年前の創業時に創業者が掲げた信条は、途絶えることなく、今もグランドセイコーのブランド思想やものづくりに脈々と受け継がれています。その長年にわたる継承を、一年ごとに積み重ねられる年輪に見立て、「グランドセイコースタジオ 雫石 […]

The CITIZEN Caliber0200 がこの夏アツい

海外ブランドの時計店が “推し” 要素の一つに「自社ムーブメント(マニュファクチュール)」と言うことがある。これは、汎用ムーブメントではなく、自社でムーブメントを製造していることを表しているが、決して汎用ムーブメントが悪い訳ではない。逆に、ムーブメントを専門的に作っている方が、多くのノウハウがあり、しかも価格を抑える事ができるというメリットがある。自社ムーブメントとしての付 […]

SEIKO Prospex Diver Scuba 1970 メカニカルダイバーズ 現代デザイン (植村直己生誕80周年記念限定モデル )SBDX045 & SBDX047

セイコーの大人気モデル、プロスペックから今回発表された新作は、1970年に発表された150mダイバーズウオッチを再現したユニークなフォルム。 当時のオリジナルモデルでは150mの防水仕様でしたが、今回の復刻では200mの空気潜水仕様へスペックアップ。ガラス素材も無機ガラスからカーブサファイアガラスへと変更することで、現代の高級機にふさわしい美観と耐久性を実現しています。 まず今回のモデルを紹介する […]

天才?鬼才?「どうしてそんなの作ったの?」的な時計達

「時計」とは、時間を知る為だけではない。そこには宇宙のような無限の世界を感じる時がある。それは人間業とは思えないほど小さくて精密な、卓越した技術を駆使して作られた時計、または、時計とは思えない奇抜なデザイン。 そんな「高くて買えないよ!」とか、「どこに着けていくの?」と言いたくなるようなモデルを独断と偏見でご紹介したいと思います。 ハリーウィンストン Histoire de Tourbillon […]

GRAND SEIKO Heritage Collection Ref. SLGH005

めっちゃ上品。繊細なデザインは、日本の最高級ブランドならでは。ヘリテージコレクションの「シリーズ9」とは、グランドセイコースタイルを基本に「光と陰の間の美」「光を美しく流す造形」などの日本の美意識を取り入れた、新たに到達したグランドセイコーのデザインです。 岩手県雫石町のグランドセイコースタジオ 雫石の近くには、日本でも有数の白樺の美林があるそうで、その白樺をイメージしてダイヤルをデザインされてい […]

NAOYA HIDA & CO. というブランドへの憧れを語る

高級時計ブランドと言えばロレックスをはじめ、オーデマピゲやオメガなど、大企業のイメージがあります。大きな工場を要して、年間数万本~数十万本ほど作る。世界中に正規販売店を持っており、その多くが高級デパートや高級ブティックの建ち並ぶ大都市。そういうイメージがあります。 それとは違い、マイクロブランドと呼ばれる小規模なブランドがある。独立時計師などもそうですが、今回取り上げるのは、NH WATCH 株式 […]

いつの日か手にしたいと思う時計 ~買えたら最後の時計になるかも~

趣味が高じてトコトンまで突き進めるというのは幸せではないでしょうか。私はかつて、自転車が大好きでロードバイク、ダウンヒルバイク、シクロクロス、ありとあらゆるカテゴリーの自転車に手を出し散財。自転車1台でも100万円とかしちゃいます。今でも好きですが身体のこともあって、行きつく先はママチャリになりました(笑)恐らく多くの趣味で、こういった事が起こっているのではないでしょうか。車やバイクには全く興味が […]

SEIKO Re-Creation Of King Seiko “KSK” SJE083

セイコーウオッチ株式会社は、セイコー創業140周年を記念して、「キングセイコー」のデザイン復刻モデルをリリースします。 キングセイコーとは、かつてセイコーが所有していた高級国産時計ブランドで、1961年に初代キングセイコーが誕生しました。前年の1960年に最高級ブランドとしてグランドセイコーが誕生しており、この両ブランドで、日本の国産時計市場を牽引していきます。諏訪精工舎でグランドセイコーを、亀戸 […]

アガリの時計は雲上ブランドだけじゃない!行きつく先の一つ、独立時計師/マイクロブランド

ロレックスが好き、オメガが好き、そんなところからオーデマピゲ、パテックフィリップなど雲上と言われるブランドへとドンドン趣味を極めていくと「行きつく先」のようなものが見えてきます。 もちろん一つのブランドを数多く集める一点集中型も「誠実な愛」を感じますし、数多くのブランドに手を出すことも「時計愛」だと思います。そんな選択肢の一つに、雲上ブランドではなく「独立時計師」や「マイクロブランド」と呼ばれるゾ […]

MINASE Divido Deep Blue Urushi Silver Maki-e

時計好き、特に日本のブランドが好きな方はご存知かと思いますが、あまり一般的にメジャーではないドメスティックブランド、MINASE(ミナセ)。簡単に説明しますと、秋田県湯沢市にある町、皆瀬。この雪深い地で時計が作られています。スイス時計製造の聖地のようだということで、「日本のジュウ渓谷」と言われています。 元々は、協和精工という切削工具メーカーとして1963年に創業。そして翌年に、ある時計メーカーか […]

1 6