AUDEMARS PIGUET Royal Oak Jumbo Jubilee Ref.14802BA.O.0944BA.01

オススメ度★★★☆☆

危険なまでにエッヂを立たせた特徴的なシェイプ、それでいて細部まで妥協を許さぬ丁寧な研磨技術を駆使した時計作りにより、ステンレスティール製の時計でありながら高級貴金属素材と同等の付加価値を実現したラグジュアリースポーツの定番モデル、ロイヤルオーク。レジェンドとして今なおその名をとどろかす稀代の時計デザイナーであるジェラルド・ジェンタ氏のデザインにより1972年にリリースされたこの大ヒットモデルの20周年を記念して発売されたのが、この眩いばかりのゴールドをまとったロイヤルオーク・ジャンボ・”ジュビリー”である。

初代モデルと同じ“プチ。タペストリー”と呼ばれるギョ―シェ装飾を採用。格子状と同心円を組み合わせた緻密(ちみつ)な意匠が文字盤に立体感と高級感を与えている。

“ジュビリー”の愛称で知られるシ-スルーバックのモデルをベースにしており、初代から継承された2ピース構造の薄型ケースに加え、ムーブメントも初代と同じCal.2121を裏蓋から見ることができるラクジュアリースポーツの頂点を証明する時計である。

将来性

実はこのモデル、ロイヤルオーク20周年として作られたモデルということで世界1000本限定販売であった。そうなれば、人気モデルということもあって価格は高騰していて、手も足も出せないところまで行っているかと思いきや、意外とそうでもない。1000本限定ではあるものの、今のところ探せば少ないながらも見つけることができる。先々のことを考えて、投資目的で押さえておくのも悪くはなさそうだ。しかし、元々金無垢モデルとして出ているので、初期の購買者がお金持ちの人が多いのだろう。箱・ギャランティなどの付属品が揃ってないのが見受けられる。別に査定に関係なく、飽きたから手放したと理解できる。そうなれば、付属品の揃った完品を狙いたいものである。

価格帯

ヴィンテージの域に達してきている約20年前のモデルなので定価は記載しないが、現在の実勢相場は450万円~といったところである。海外サイトを覗いてみてもほぼ同じぐらいであり、付属品完品となれば、500万円以上となるだろう。

スペック

ケース素材: イエローゴールド
ブレス素材: イエローゴールド
クラスプ素材: イエローゴールド
ベゼル: イエローゴールド
風防: サファイアクリスタルガラス
ケース径: 39mm
石数 36石
ダイヤルカラー グレー
キャリバー: Cal.2121(ジャガー・ルクルト製 Cal.920ベース)
ムーブメント: 自動巻き
製造年: 2000年