A. LANGE & SÖHNE Saxonia Ref.215.0xx

オススメ度★★★☆☆

雲上ブランドの一つ、ランゲアンドゾーネの代表的なモデルの一つ、「サクソニア」パテック・フィリップ「カラトラバ」と比較される位置付けなのではないだろうか。その魅力は、手巻きムーブメントを搭載、外装クオリティも非常に高く、価格はそれほど高くない。今回紹介する“Ref.215.0XX”は、ケースサイズ37mmという適度なサイズ感であり、現行モデルは35mmとサイズダウンしている。好みにもよるが、37mmは非常にバランスの取れた大きさだと思う。
ランゲアンドゾーネは復興後20年余りで、手巻きモデルだけでなく、自動巻きやコンプリケーションモデルなど様々なモデルを今は展開している。しかしその多くが、基本となるムーブメントに手を加え、改良や機能追加という手法を取っている。ここ数年、新設計のムーブメントが採用されはじめたが、生産終了モデルの多くでは、一貫して同じ基本的なムーブメントを採用している。これは、このベースとなるムーブメントのクオリティの高さの証ではないだろうか。ということは、古いモデルであっても、基本性能はそれほど劣ることがないということでもある。

細部まで非常に丁寧な作りで、職人の技を感じる

将来性

非常に美しい手作業による外装は、芸術の域に達している。ホワイトゴールド製のケースのそれはシンプルでシックな仕上がりであり、イエローゴールド製のケースであっても派手過ぎず、綺麗にまとまっている。それでいてこのサクソニアはそれほど価格が高くないのが魅力である。だが、残念ながら個体数が少ないのだろうか、なかなかお目にかかることがない。並行店でも、ランゲアンドゾーネ自体がそれほど揃っていないので、手に入れるチャンスがあれば狙いたい。長期目線で見ると将来性は高いと思う。しかし、ロレックス・スポーツモデルのように横流し的な転売には向いていないので、コレクションの一つとして持っておくブランドである。

ランゲのシースルーバックから見えるムーブメントは惚れ惚れする

価格帯

定価 1,728,000円(Ref.215.021)。その他限定モデルなのもあるが、200万円までである。個体を日本のショップで探すとなかなか見つかりにくいが、海外オークションサイトで2つあった。下の画像リンクから詳しくは見ていただきたい。中古にはなるが、状態がそこそこ良さそうな個体で約140万円~となっている。

Ref.215.021
Ref.215.033

スペック

型番 215.0xx
機械 手巻き
材質名 ホワイトゴールド/イエローゴールド
ブレス・ストラップ ストラップ
タイプ メンズ
カラー シルバー・ゴールド
外装特徴 シースルーバック
ケースサイズ 37.0mm